ファスマックの研究成果がNature姉妹誌に採択されました。

ファスマックと国立感染症研究所との共同研究成果が
Nature姉妹誌である”Communications biology”に採択されました。
我々が開発したRAISING法に関する詳細とその使用事例を示した論文です。
掲載までもうしばらくお待ちいただくことになりますが、本研究が皆様のお役に立つことを願います。
“RAISING is a high-performance method for identifying random transgene integration sites”(in press)
【関連ページ】
RAISING法の概要
RAISING法によるランダムインテグレーション解析サービス
RAISING法の解析事例