解析事例

●事例① HTLV-1クロナリティ解析

※データ提供:国立感染症研究所 斎藤 益満 先生 長崎大学病院 検査部 長谷川 寛雄 先生
HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウイルス)は主にCD4陽性T細胞に感染し、そのプロウイルスが宿主ゲノムにランダムに挿入します。このプロウイルス挿入が癌遺伝子の近傍あるいは癌抑制遺伝子内で引き起こされた場合、成人T細胞白血病発症の原因となることが報告されております(Nicolas Rosewick et al.,Nature communications, 2017)。
現在、成人T細胞白血病の診断にはサザンブロット法(HTLV-1クロナリティ解析)を用いたHTLV-1感染細胞の白血病化(モノクローナル増殖)の検出が必須とされておりますが、大量のDNA(血液)を要する、長時間で複雑な工程を必要とする、検出感度は十分ではないなど種々の問題を抱えています。
R A I S 法は、これらの問題を全て克服した方法であり、HTLV-1クロナリティ解析においては高感度かつ非常に再現性が高いデータが得られております。
解析事例1
HTLV-1クロナリティ解析(サンガーシーケンスプラン)はすでに外来DNA特異的なプライマー配列を保有しておりますので、8検体あたり85,000円(納期:5-10営業日)にて承ります。
※ 弊社でのクロナリティ解析の結果判定は実施いたしません。装置より得られたデータをそのまま納品いたしますので、予めご了承ください。また、NGSによる解析も「NGSプラン」にて受付可能です。

●事例② ゲノム編集におけるノックインのオフターゲット検出

CRISPR/Casにより作製したノックインマウスについて、RAIS法およびNGSの組み合わせによりノックイン効率およびオフターゲットサイトの検出を試みました。
ノックインに用いたドナーDNAが目的とした9番染色体(chr9)に加えて、別の染色体へも挿入されていることが示唆されました。
解析事例2

※オーダーシートのダウンロードはこちらから