フルーツ検出用プライマー

食物アレルギーを引き起こすことが明らかになった食品のうち、症例が多いものや症状が重篤なもの7品目を『特定原材料』とし、これらを含む加工食品には省令で表示が義務づけられています。一方、過去に一定の頻度で健康被害が見られた18品目を『特定原材料に準ずるもの』とし、これらを含む加工食品には通知で表示が推奨されています。
本製品は、『特定原材料に準ずるもの』として指定されている「りんご」「もも」「キウイフルーツ」について、食品中のDNAをPCR法にて検出する試薬です。各種食品等の品質管理にご使用下さい。

【商品概要】

保存方法:-20℃   有効期限:製造から24ヶ月
●プラスミド
商品名 商品コード 容量および価格(税別)
フルーツ検出用
コントロールプラスミド
F911-1K 20反応分 ¥23,000
●プライマー(容量、価格はコード下2桁で共通)
商品名 商品コード 容量および価格(税別)
りんご検出用
プライマー
F912- 0K 0K 25反応分 ¥13,800
1K
2K
もも検出用
プライマー
F913- 0K
1K 1K 50反応分 (25反応分 ×2本での提供) ¥23,000
2K
キウイ検出用
プライマー
F914- 0K
1K
2K 2K 250反応分 (25反応分 ×10本での提供 ¥95,000
植物DNA検出用
プライマー
F905- 0K
1K
2K
  • ◆「フルーツ検出用 陽性コントロールプラスミド」「りんご検出用プライマー」「もも検出用プライマー」「キウイ検出用プライマー」は『ハウス食品グループ本社株式会社』のライセンスを受けて製造販売しています。
  • ◆ PCRに必要な酵素やバッファー類などの試薬は含まれておりません。
  • ◆ 陽性コントロールプラスミドは「りんご、もも、キウイ、植物」のポジティブコントロールとして使用できます。

【参考文献】

  • Watanabe S, Taguchi H, Temmei Y, Hirao T, Akiyama H, Sakai S, Adachi R, Urisu A, Teshima R. Specific detection of potentially allergenic peach and apple in foods using polymerase chain reaction. J. Agric. Food Chem., 60, 2108-2115(2012)
  • Taguchi H, Watanabe S, Hirao T, Akiyama H, Sakai S, Watanabe T, Matsuda R, Urisu A, Maitani T. Specific detection of potentially allergenic kiwifruit in foods using polymerase chain reaction. J. Agric. Food Chem., 55, 1649-1655 (2007)

ご注文方法

>>特定原材料検査用キット価格表(PDFファイル)
>>特定原材料検査用キット注文書(PDFファイル)
メール( gmo@fasmac.co.jp) または、ファックス( 046-294-3738 )で、ご依頼ください。
14時までにご注文いただいた場合には、当日発送になります。
14時以降にご注文いただいた場合には、翌日(金曜日の場合は月曜日)またはそれ以降の発送となります。
キット生産の都合により出荷までに数日お待ちいただく場合があります。

試薬キット販売