Agripalette アグリパレット (植物病原検出キット)

本商品は、植物病原体(TYLCV, Aac)に対する抗体を用いた金コロイド免疫イムノクロマト法により、感染の疑われる部位(葉、花など)から病原体を検査するキットです。Aac検出キットでは、培養した菌株(コロニー)からの検定も可能です。

【 商品仕様 】

商品名 商品コード 容量 価格(税別)
Agripalette トマト黄化葉巻ウイルス
(Tomato yellow leaf curl virus:TYLCV)
AP001-1K 10回用
(5回用×2袋)
15,000円
Agripalette ウリ科野菜果実汚斑細菌病菌
Acidovorax avenae subsp.citrulli:Aac)
AP002-1K
★キャンペーン延長、2021年12月31日まで、10,000円/キット。
保存条件:高温を避けて冷蔵(4~10℃)で保存してください。
使用期限:製造から半年

【 原理 】

  • 病原体を含む検査試料をテストストリップに滴下すると、検査試料が展開し、病原体と金コロイド標識抗体が複合体を形成します。
  • 複合体はテストストリップ上を移動し、固相化した抗体に捕捉され、赤紫色のテストラインが確認されます。
  • 病原体が含まれない場合は、複合体が形成されないため、テストラインは確認されません。

【 判定 】

検査試料と抽出液の摩砕液をテストストリップに滴下し、以下の赤紫色ラインのパターンをもとに結果を判定します。判定までの所要時間は、TYLCVで15~30分、Aacで10~15分です。
※黄化葉巻病耐病性トマト品種等、TYLCVの蓄積量が少ない場合は、判定時間に2時間~一晩程度要することがあります。
〇陽性:判定窓のラインが2本(テストライン、コントロールライン)
〇陰性:陰性:判定窓のラインが1本(コントロールライン)
〇再検査:判定窓のラインが1本(テストライン)或いはラインが出現しない場合
>>TYLCV検出キット取扱説明書(PDF)
>>Aac検出キット取扱説明書(PDF)
>>注文書(キャンペーン対象)
【注文に関するお問い合わせ】
株式会社ファスマック 遺伝子検査事業部
TEL:046-295-8787

試薬キット販売