果実汚斑細菌病(BFB)検査

検査手法

ご依頼サンプルをサブサンプルに分けた後、以下の検査に全て使用いたします。
1)増菌    :
Sweat-bag Seedling法(特許第4633645号;農研機構 種苗管理センター)
2)遺伝子解析 :
リアルタイムPCR(Aac / Aaa特異的プライマー)
3)選択培地  :
AacSM培地
4)病原性試験 :
お問い合わせ下さい
※選択培地検定および病原性試験は、植物体や微生物の活性によって、納期が前後いたします。

検査サンプルおよびサンプルの推奨量

ウリ科種子
 小粒種子:
スイカ、メロン、キュウリなど
 大粒種子:
カボチャ、トウガン、ニガウリ、ユウガオなど
10,000粒/サンプル をお送り下さい。
 ※推奨量ですので、粒数の増減に関しましてはご相談ください。

検査価格・納期

ご依頼書

専用のご依頼書にご入力の上、サンプルに同梱して、お送りください。

ご報告内容

検査項目によって、ご報告させていただきます。
 暫定結果:
遺伝子解析または選択培地検定の結果
 陽性サブサンプル / 全サブサンプル (感染疑い)
 最終結果:
全ての検査項目
 陽性/陰性

お問合せ

ご不明な点がございましたら、お問合せください
果実汚斑細菌病(BFB)検査 トマトかいよう病 ニンジンLso Potyvirus属解析 植物病原微生物