GenomeCraft よくある質問(FAQ)

全て表示する
全て閉じる
▼Q、GENOME CRAFT Type CT(crRNA,tracrRNA)と、Type SG(sgRNA)の違いは何ですか?
A. Type SG(sgRNA)はゲノム編集技術で広く使われてきた実績のある人工型ガイドRNAで、約100merほどのRNAをin vitro 転写法にて酵素合成いたします。 1つのRNAのみで機能します。
Type CT(crRNA,tracrRNA)は、ターゲット配列に関わらず共通なtracrRNAとターゲット配列に特異的なcrRNAとを組み合わせて使用する、天然に近い形のガイドRNAです。 化学合成法により作製いたします。
▼Q、Type CTと、Type SGはどちらの方が活性が高いですか? どちらを選べばよいですか?
A. 活性については一概には言えませんが、新規ターゲットの場合はまずはType CTをお勧めしております。
納品RNA量が多く、またお求めやすい価格で複数のターゲット配列をお試しいただけます。
▼Q、ターゲット配列のデザインに制限は有りますか?
A. GENOME CRAFT Type CT(crRNA,tracrRNA)をご利用の場合は、ターゲット配列が20塩基以内であれば制限は有りません。
Type SG(sgRNA)の場合は、製造方法の都合でターゲット配列の5’末端をG(グアニン)にしていただくようお願いしております。 または、sgRNAのターゲットアニリング領域の5’末端にGを付加することでも対応可能です。
▼Q、ターゲット配列の5’側がGにできない場合はどうしたらよいですか?
A. crRNAをご希望の場合は5’側はGでなくても結構です。
sgRNAをご希望の場合は以下の2つの方法を検討ください。
①ターゲットが長が17塩基以上になる範囲で5末を削って5’末端にGが来るようにする
②末端に非相補なGを付加する
変更前: CATGGCATCAAGTGCCGATC
変更①:       GGCATCAAGTGCCGATC
変更②:gCATGGCATCAAGTGCCGATC
▼Q、精製グレードは何が有りますか?
A. Type SGはシリカゲル精製を行っております。
また、Type CTのtracrRNAはHPLC精製、crRNAは逆相カラム精製とHPLC精製を用意しております。
▼Q、PAGE精製は有りますか?
A. 十分な納品量の確保が難しいためご用意しておりません。
HPLC精製によって同等レベルの精製グレードが確保できると判断しております。
精製RNAの電気泳動結果
▼Q、Type CT のcrRNA、tracrRNAはどのくらいの濃度で使えばよいですか?
A. sgRNAを用いた先行研究の実験系(可能であれば生物種や実験方法が同じもの)を参考に、crRNAとtracrRNAをそれぞれsgRNAと同じモル濃度で加えていただくのがい良いかと思います。
その後、必要に応じて最適化してください。
▼Q、どのような形態で納品されますか?
A. 乾燥状態で納品いたします。RNase free水 等を加えて、十分溶解させてからご利用ください。
▼Q、どのように保存はすれば良いですか?
A. -20℃以下で保存してください。溶解後は-80℃以下での保存をお勧めしています。
▼Q、GENOME CRAFT製品を使えば必ずゲノム編集ができますか?
A. ゲノム編集の成功は保証しておりません。実験系やターゲット配列により活性が異なるためです。
成功率を高めたい場合には、1つの遺伝子に対して複数のターゲット配列を設定し、複数のcrRNA又はsgRNAを作製されることをお勧めします。
また、ターゲット配列のデザインにはCRISPRdirect(http://crispr.dbcls.jp/)が便利です
その他、ご不明点やご要望がございましたら、下記までお問い合わせください。
株式会社ファスマック バイオ研究支援事業部 ゲノム編集担当
TEL:046-281-9901 FAX:046-281-9931