人工遺伝子合成 技術情報 ~よくある質問(FAQ)~

全て表示する
全て閉じる

(1)注文方法やメニューについて

▼Q、どのように注文すればよいですか?
A. 弊社の【受託サービスログインサイト】より、見積依頼フォームに必要事項をご入力ください。
※初回のご利用時には同サイトよりユーザー登録をお願いいたします。
又は、【エクセルフォーマット】に必要事項をご入力いただき、gene@fasmac.co.jp までお送りください。
折り返し、価格と納期の見積結果と合成予定配列をご連絡いたします。
ご確認いただいた後に、ログインサイトの買い物カゴから、又はメールにて発注をお願いいたします。
▼Q、価格や納期はどのくらいですか?
A. 【サービス概要】のページに目安をご案内しておりますのでご参照ください。
個々の遺伝子配列や製造の状況により前後する可能性がございます。
▼Q、実際の納品日はいつわかりますか?
A. 見積時に遺伝子ごとに配列を解析して、納期を見積りさせていただきます。
ご注文後は、受託サービスログインサイトに製造状況をアップロードするとともに、製造が最終品質確認に入りましたら、報告メールをお送りします。通常はその翌日~3営業日後に出荷となります。
また、製品到着予定日の前日夕方に改めてメールにてご連絡いたします。
▼Q、特急コースとは何ですか?
A. お急ぎのお客様のために最速のスケジュールで製造を行い、可能な限り早くお届けいたします。
保証納期以降の出荷になった場合は、請求額を標準コース価格に変更いたします。
保証納期および納期実績は、【サービス概要】のページをご参照ください。
▼Q、長い配列(4,001bp以上)を特急コースで注文できますか?
A. 長い配列でも特急コースで承っております。価格、納期等についてはお問い合わせください。
▼Q、「営業日」はどのように数えますか?
A. ご注文の連絡をいただいた日を「0」、翌営業日を「1」とカウントいたします。
土日祝および弊社休業日は、営業日に含まれておりません。
▼Q、注文の締め切り時間は何時ですか?
A. 特急コースは「15時」まで、標準コースは「17時」までとなります。
それ以降のご注文については、翌営業日のご注文分とさせていただきます。
▼Q、発注後のキャンセル、配列変更はできますか?
A. 弊社内での受注処理が完了後、すぐに製造を開始いたしますので、発注後のキャンセルや配列の変更は承りかねます。
詳しくは、【ご注文のキャンセルについて】のページをご参照ください。
何卒ご理解ご了承くださいますようお願いいたします。
▼Q、合成遺伝子を希望するベクターにクローニングしてもらえますか?
A. 有料のサブクローニングとして承ります。
納期と価格は、【サービス概要】のページをご参照ください。 ご依頼時には、ご指定のプラスミドベクターのベクターマップ、塩基配列のデータファイルとDNA 2μg(100ng/μl以上)を下記宛先までお送りください。
<送付先>
〒243-0021 神奈川県厚木市岡田3088 ケーオービルA棟4階
(株)ファスマック 人工遺伝子担当 TEL: 046-281-9909
▼Q、変異体作成、サブクローニングだけの依頼はできますか?
A. 申し訳ございませんが承っておりません。
遺伝子合成サービスに付属したメニューでございますので、弊社で合成した遺伝子が対象となります。

(2)納品物について

▼Q、納品はどのような形態ですか?
A. ご希望のDNA配列を合成した後に、ベクターにクローニングした1μg以上の二本鎖プラスミドDNAを乾燥状態で納品いたします。
▼Q、乾燥DNAの溶解はどうすればよいですか?
A. スピンダウンを行った後に、溶媒(滅菌水やTEバッファー等、50μl以上を推奨 )を加えて軽く撹拌してからご使用ください。
DNAが十分に溶解されない場合は溶媒を加えて撹拌した後に、冷蔵状態で1日静置することをお勧めしております。
▼Q、プラスミドDNAの保管はどうすればよいですか?
A. 乾燥状態での保管は数日程度であれば室温(15~25度)でも可能ですが、長期間の場合は冷蔵(4℃)または冷凍(-20℃以下)で保管してください。
溶解後は冷凍保管をお勧めしております。また頻回な凍結融解は避けてください。
▼Q、クローニングベクターは何を使用していますか?
A. 製造の都合により複数の標準pUC系ベクター使い分けており、出荷時の報告書に使用ベクターを記載しております。
ベクター情報はこちらをご参照ください。また、お客様にお送りいただいた指定ベクターへのクローニングも有料にて承ります
▼Q、人工遺伝子のエラー率はどのくらいですか?
A. 納品したクローンに変異はございません。
合成配列をクローニングした後にシークエンス解析を行い、ご注文いただいた配列と一致したクローンを納品いたします。また、納品クローンのシークエンスクロマトデータも添付いたします。
▼Q、プラスミドの精製方法は何ですか?
A. 大腸菌内でプラスミドDNAを複製させた後にアルカリ-ミニプレップ精製を行っております。
プラスミド大量調整については、別途お問い合わせください。
▼Q、クローニングサイト、挿入方向の指定はできますか?
A. 標準ベクターへの挿入については方向の指定は承っておりません。
制限酵素にてインサート配列の切り出しをご予定の場合、ご希望の合成配列の両末端にお使いになる制限酵素サイトの付加をご依頼ください。 指定ベクターへのサブクローニングをご利用の場合は挿入サイトと方向のご指定が可能です。
▼Q、繰り返し配列、高GC含量の配列は合成できますか?
A. さまざまな困難配列を合成した合成実績がございます。配列を解析させていただき、その結果により価格と納期をご提案いたします。
また、コーディング配列であれば、配列最適化により繰り返しや高GC含量を解消できる場合もございますので、ご相談ください。
▼Q、結果として合成できなかった場合でも費用がかかりますか?
A. ご案内した納期を過ぎても合成が完了せず、弊社にて合成不可能であると判断した場合には、ご注文をキャンセルさせていただきます。 その場合には代金はいただきません。

(3)配列最適化について

▼Q、配列最適化とはなんですか?
A. タンパク質発現用の人工遺伝子を合成する場合に、合成配列中のコドンを発現ホスト(合成した遺伝子を発現させる生物種 ヒト、マウス、大腸菌等)での使用頻度に合わせてDNA配列をデザインします。
その結果、翻訳後のアミノ酸配列は変わりませんが、タンパク質発現量が増えることが期待されます。また、繰り返し配列や高GC含量によりクローニングできない遺伝子でも配列最適化により合成が可能になることがございます。
▼Q、どのような方法で最適化をしていますか?
A. 発現させる生物種のコドン使用頻度に合わせて配列変更を行い、更に以下のことを考慮して最適化配列をデザインします。
  • GC含量の調整
  • ヘアピンやリピート等の核酸2次構造の除去
  • ポリAシグナル、スプライスサイト等のプロセシングシグナル除去
  • ご指定いただいた制限酵素サイトの除去
また、別途最適化方法をご指定いただければ可能な限り対応いたしますのでご相談ください。
▼Q、配列最適化には費用がかかりますか?
A. 無料で承ります。見積時に最適化配列をご提案致しますので、ご覧いただいて注文をご検討ください。
ご指示いただければご希望の通り最適化のやり直しも行います。
▼Q、最適化を依頼するにはどうすればよいですか?
A. ご希望のDNA配列またはアミノ酸配列と発現させる生物種(学名)をご連絡ください。
その際、最適化後の配列に含めたくない配列(制限酵素サイトなど)があれば合わせてご連絡ください。
弊社の【受託サービスログインサイト】、まはた【エクセルフォーマット】を ご利用いただくと便利です。
▼Q、最適化配列に対する知的財産権の扱いはどうなりますか?
A. お客様よりご依頼いただいて作成した最適化配列に対して、弊社は知的財産権を所有いたしません。
▼Q、複数の生物種での使用に対応した最適化はできますか?
A. 遠縁種間(ヒトと大腸菌等)では最適化の効果が期待できないと考えられるため承っておりません。
近縁生物種間(ヒトとマウス等)ではコドン使用頻度が似ていることが多いため、最もご利用頻度の高い生物種に最適化いただくとこをお勧めしております。
▼Q、どんな生物種に対しても最適化できますか?
A. コドン使用頻度データは、かずさDNA研究所のデータベースを利用させていただいておりますので、こちらに登録のある生物種に対しては最適化が可能です。
また、お客様からコドン使用頻度データを提供いただければそれに合わせて最適化を行います。
その他、ご不明点やご要望がございましたら、下記までお問い合わせください。
株式会社ファスマック バイオ研究支援事業部 人工遺伝子担当
TEL:046-281-9909 FAX:046-281-9931