トマトかいよう(Cmm)病検査

検査手法

ご依頼サンプルをサブサンプルに分けた後、以下の検査に全て使用いたします。
1)遺伝子解析 :
EPPO公示(PM7/42 (2))に準拠した解析
2)選択培地検定:
ISHI ver4.3に基づいた検定
3)病原性試験
※選択培地検定および病原性試験は、植物体や微生物の活性によって納期が前後いたします。

検査サンプルおよびサンプルの推奨量

トマト種子
 ※植物体に関しましては、ご相談ください。
10,000粒 / サンプルをお送りください。
 ※推奨量ですので、粒数の増減に関しましてはご相談ください。

検査価格

※下記表は10,000粒でご依頼いただいた際の価格になります(税抜)。
※粒数およびサブサンプル数の増減によって、お見積もりいたします。
検査項目 価格および納期
¥30,000 / 5日
① + ③ ¥51,000 / 20日
¥68,000 / 12日
② + ③ ¥89,000 / 30日
①遺伝子解析、②選択培地検定、③病原性試験

ご依頼書

専用のご依頼書にご入力の上、サンプルに同梱して、お送りください。

ご報告内容

検査項目によって、ご報告させていただきます。
 暫定結果:
遺伝子解析または選択培地検定の結果
 陽性サブサンプル / 全サブサンプル (感染疑い)
 最終結果:
全ての検査項目
 陽性/陰性

お問合せ

ご不明な点がございましたら、お問合せください
果実汚斑細菌病(BFB)検査 トマトかいよう病 ジャガイモやせいもウイロイド ニンジンLso
ニンジン斑点細菌病 Potyvirus属解析 植物ウイルス解析 植物病原微生物