Listeria monocytogenes検出キット

本製品はリアルタイムPCR(qPCR)でListeria monocytogenesを特異的に検出するための試薬です。
食品中のL.monocytogenesの検査は、厚生労働省の通知により、酵素基質培地に接種、培養し、平板培地上に形成した定型集落(ハロー形成コロニー)を計数し、最終的に確認試験(カタラーゼ試験、CAMP 試験、糖分解試験)を行い、L.monocytogenesと確定します。しかしながら、ハローを形成しないL.monocytogenesやハローを形成するその他のListeria属菌が確認されており、正確な確認試験による判定を行うと、定量試験法では約4日間、定性試験法では約7日間の日数を費やします。
本製品は、公共のデータベースに登録されているゲノム情報からL.monocytogenesを特異的に検出するマーカーを選抜しているため、コロニー形成後、約2時間で正確にL.monocytogenesの判定を行うことができます。

特徴

  1. (1)試料を選択分離培地で培養後、釣菌したコロニーを直接PCRやqPCRで増幅することが可能です。
  2. (2)コロニーから直接qPCRを実施した場合、DNA抽出操作を行う必要がなく、培養後の判定時間が従来よりも短縮されます。
  3. (3)本製品は dUTP を含んでおります。 Uracil N Glycosylase (UNG) の添加により、キャリーオーバーによるコンタミネーションを防止できます。

内容

商品名 商品コード 容量 価格(税別)
Listeria monocytogenes 検出キット GCK002-1F 25回分 30,000円
保存・流通:冷蔵(-20℃)  使用期限:製造から1年

概要

実験例

試薬キット販売