植物ウイルス解析

解析手法

ご依頼サンプルの一部、または全量を以下の解析に全て使用いたします。
※岩手生物工学研究センターが開発した
   「二本鎖RNA網羅的検出技術(DECS法)」
 を採用しています。下記のフローにて解析を実施します。
dsRNAの単離→cDNA合成→クローニング→シーケンス→データベース照合
解析項目といたしまして、
1)スクリーニング:
ウイルス由来dsRNAの単離
2)相同性解析  :
シーケンスおよびデータベース照合

解析サンプル

葉、種子などの植物体
  ※対象ウイルス、宿主については、お問合せください。
  ※冷蔵、または冷凍でお送りください。
  ※サンプルによっては検出されない場合がございます。

解析価格

解析項目 価格および納期
¥15,000 / 7日
⑤ + ④ 応相談*
⑤dsRNAの単離(スクリーニング)、④相同性解析
* 解析(クローン)数によって、価格、納期が異なります。

ご依頼書

専用のご依頼書にご入力の上、サンプルに同梱して、お送りください。

ご報告内容

検査項目によって、ご報告させていただきます。
スクリーニングの結果:
dsRNAの単離の有 (感染疑い) / 無
相同性解析の結果  :
解析結果のうち、同定されたウイルス種、塩基配列データなど。
※納品(解析)データについては、ご相談ください。

お問合せ

ご不明な点がございましたら、お問合せください
果実汚斑細菌病(BFB)検査 トマトかいよう病 ジャガイモやせいもウイロイド ニンジンLso
ニンジン斑点細菌病 Potyvirus属解析 植物ウイルス解析 植物病原微生物