DNA/RNA受託合成 精製グレードの選択について

精製グレードの選択につきましては、以下の表をご参照ください。
対応スケールにつきましては、【高純度、長鎖合成、修飾品】をご参照ください。
用途 脱塩 逆相カラム HPLC PAGE
PCR(インサートチェック等)
サブクローニング目的のPCR ×
degenerate PCR (注1) × × ×
RT-PCR ×
シーケンス解析
変異導入 ×
in situ ハイブリダイゼーション ×
アンチセンス ×
人工遺伝子作成 ×
31base以上 ×
71base以上 ×
修飾(5’、3’末端) ×
修飾(挿入) ×
S化オリゴ ×
上記の表は、実験の成功を保証するものではございません。
注1)degenerate PCRは、mix塩基が含まれるプライマーを使用するPCRです。
脱塩
精製前のオリゴDNAには、合成時に発生する遊離した保護基等の低分子化合物および不完全長オリゴDNAが含まれています。
脱塩精製では遊離した保護基等の低分子化合物は除去しておりますが、不完全長のオリゴDNA(N-1、N-2)は残留しております。
逆相カラム精製
遊離した保護基、不完全長のオリゴDNAを効率的に除去する方法で、弊社のスタンダードグレードです。
脱塩ゲルろ過精製と異なり、不完全長のオリゴDNA(N-1,N-2)も除去可能です。
HPLC精製
逆相HPLCの濃度勾配(トリエチルアミン及びアセトニトリル)を利用し、UVでモニタリングしながら目的のオリゴDNAのみを分取する方法です。
70baseまでの長鎖オリゴDNA、各種修飾で効果が高く、各種オリゴに対し適切な条件で時間をかけ、シングルピークを分取いたします。
修飾品は、修飾が付加されているオリゴのピークのみ分取していますので、未修飾のオリゴは含まれておりません。 塩基配列の組成(GCrichやMIX配列)やロングオリゴの場合、立体構造等によりシングルピークにならず、分離が困難な場合もございます。
PAGE精製
変性ポリアクリルアミドゲルを使用し電気泳動を行い、バンド切出しの後、抽出・脱塩を行っております。 150baseまでのオリゴDNAに対応しております。弊社では70baseまではHPLC精製、それ以上はPAGE精製を推奨しております。